画像
画像
画像
画像

banner

ローヤルゼリーで知ったビタミンなどの栄養の違い

仕事柄ですが健康食品などを扱ったり使ったりしていまして、色々なものを試しました。
健康講座なども開いたりしていますが、栄養の話では結構みなさん知らない事も多くビックリするような反応も多々あります。
その中でも生活習慣病というのは、全般的に血管や血液に関して問題がある場合が多いのですが、自分の血管や血液はどうなっているのかもちろん調べないとわからないですよね。
数年前に車で3時間かけて仕事に行っていた場所がありまして、夏場はまだいいのですが冬になると峠を3つくらい越えないとつかない場所でした。
仕事と付き合いの飲み会などが重なり疲れていたのと、寝不足気味な時に3時間の車の運転をしなければならない時があり、普段からサプリメントで総合ビタミンは摂っていたのですが、なんだか摂っていても疲れが取れない感じが続いていました。
そんな時に薬局でローヤルゼリーというのが気になりまして、店員さんに話を聞くと効果としては疲労回復や滋養強壮とあり、女王蜂の栄養源なんですという説明。
ちょっと疲労が激しいしビタミンとまた違ったものなので摂ることにしました。
すると翌日には早朝から3時間の運転でしたが目覚めからとても良くて、いつもは眠い目をこすりながら起きるところにスッキリはっきりと目が開きました。
運転中も途中で休憩するのですが、疲労が解消されているので楽に運転できました。
この時に実感できたのですが、疲労の回復って体を休めるだけではなくやはり栄養補給だと思いました。
栄養の大切さはわかっていましたが、ビタミンやミネラル、プロテインなどは考えていたので意外な発見でしたね。
どちらかというと、お年寄りが摂る健康食品のイメージがあったので、これは疲れがひどい時には絶対いいなとなり。
そしてなんとなく肌の調子も良い感じがするのです。
それは、わたしはスキンケアもしているので、洗顔のほかにも化粧水くらいは肌のケアに使っているのでなんとなく感じました。
知人に肌がツヤツヤしているという指摘があり、そういえばそうかなみたいな感じでしたが、ローヤルゼリーを買った薬局での説明ではそんな話がなかったので、あまり気にしなかったのです。
後から考えるとわたしは男性なので疲労回復のことしか、あえて説明しなかったのかもしれません。
人間が活力ある生活を送るには、エネルギーが必要になりまして、もちろん食品から摂るとなると、肉や魚などの動物性たんぱく質も必要なります。
このローヤルゼリーには動物性たんぱく質にはないカロリー的なリスクが無いのでとても重宝しました。
そして中性脂肪やコレステロールなどのコントロールにも非常に効果があるとのことが、さらに良い点でした。
わたしはお酒が好きで飲む機会も多かったので、中性脂肪やコレステロールはなんとしても避けて体型維持をしていくのにありがたかったですね。
仕事でトレーニング指導もやっているし自分も積極的にやっていたので、トレーニングというのは、筋肉疲労も行きすぎると筋肉アップに効果があるどころか逆に筋繊維を痛めるだけの結果になるのがオーバートレーニングといいます。
これをローヤルゼリーの疲労回復によって回避できるということで、自分の筋力維持にも効果を発揮しましたね。

Copyright(c) 2013 Royal jelly LABO. All Rights Reserved.