画像
画像
画像
画像

banner

生ローヤルゼリーをおいしくとる方法

皆さんは、健康のためになにかをされていますか。
わたしは、自分の健康のことを考えて、数ヶ月前からローヤルゼリーを飲み始めました。
ローヤルゼリーは、3大栄養素であるタンパク質・炭水化物・脂質をはじめとして、人の健康に不可欠な必須アミノ酸、各種ビタミン・ミネラルなどを豊富にバランスよく含んでいます。
また健康効果以外にも、美容にもとても効果的だそうです。
わたしが飲み始めて変わったことは、以前よりも元気というかパワーがみなぎるような感じになりました。
前まではとても疲れやすく、休みの日はずっと家で引きこもっていました。
しかし、飲み始めてからは、一日中動き回っても、夜半になっても疲れを感じることがなくなりました。
普段元気が少なく、多少うつっぽいのでこの効果には驚きでした。
また階段を上っても、疲れにくく息切れがしなくなったように感じます。
しかし、わたしは生のロイヤルゼリーを飲んでいるのですが、味があまり受け付けられず摂るのに苦労しています。
はっきりいって、飲み難いです。
いうなれば、刺激的な味といえます。
あの舌がピリッとする感じが強ければ強いほど、デセン酸というローヤルゼリー特有の成分が強いというのですから、「良薬口に苦し」とはまさにこのことです。
そこで、わたしはなんとか飲み易くするために、色んなものを混ぜて工夫していろいろ試してみました。
何が良かったかは人によって意見は分かれるのですが、総合して言えることは、酸味のある柑橘系のものと混ぜると、かなり飲みやすくなります。
ここでは、わたしがおすすめの 


の摂り方を紹介します。
ぜひ、興味のある方は参考にしてください。
一番のオススメの食べ方は、柑橘系のシャーベットと混ぜることです。
選択するシャーベットは、レモン味か柚子味のものがいいでしょう。
ちなみに食べ方にはコツがあります。
食べ方のコツとして、まずシャーベットは先に少し食べて表面を薄く凹ませます。
シャーベットが若干緩めになっているのもポイントです。
次に、表面のくぼみにスプーンですくった生ローヤルゼリーを入れます。
入れる量は、だいたいティースプーン1杯半くらいです。
そうして食べるのですが、口には舌に直接生ローヤルゼリーがあたらないように入れてください。
ここのスプーン使いが、結構ポイントになります。
舌に当たると、苦味を感じてしまうので注意しましょう。
シャーベット以外のオススメは、ドリンクです。
柚子梅茶とかと混ぜると結構、苦味は消えてくれます。
ジュース、牛乳、ヨーグルトなど若干風味のある飲み物に混ぜて飲むのが良いようです。
あと、ジャムだと断然マーマレードがおすすめです。
メーカーにもよりますが、甘すぎない本物っぽいやつのものが良かったです。
また、ローヤルゼリーははちみつに混ぜると成分が安定するそうなので、はちみつに混ぜてパンに塗ったり、普通にはちみつとして使うのも良いようです。
その際、熱は加えない方が良いそうです。
ローヤルゼリーは、人によってはじんましんなどのアレルギー症状が出ることもあるので注意してください。
また、個人的な提案ですが、薬局に売っている空のカプセルに詰めて飲むのも良いかもしれません。

Copyright(c) 2013 Royal jelly LABO. All Rights Reserved.