画像
画像
画像
画像

banner

ローヤルゼリーので更年期障害の症状が緩和される

私は、現在、52歳の主婦です。
50歳を迎えた時から時々、めまいがおきたり、急に、たちくらみを起こしたりするようになりました。
さらにはショッピングを友人と楽しんでいると、急に、汗がとまらなくなったのです。
このような症状が頻繁に起きるようになり、自分で何かがおかしいと思ったので、しばらくしてから病院に行きました。
何か悪い病気かもと思い、すごく不安だったのですが、医師から伝えられたのは、更年期障害とのことでした。
自分とは無縁に思っていただけに改めてもうそんな年齢かと感じました。
確かに、50歳といえば、更年期の症状が出てもおかしくありません。
医師からの診断に納得しました。
更年期の症状は、40歳から50歳くらいになると女性ホルモンの分泌が減ってしまうため、自律神経が乱れ、汗がとまらなくなったり、めまいが起きたり、鼓動が激しくなったりするのだそうです。
症状は人それぞれで、ほとんど症状がない人もいれば、私以上に本当にひどい症状が出る人もおり、中には、日常生活がまともにおくることが困難になり、入院が必要になる人もいるのだと、医師から聞き非常に驚きました。
今の自分の症状でもすごく辛く、いつまでこんな状態が続くのかと思っていました。
そんな医師から勧められたのが、ローヤルゼリーです。
名前は聞いたことがあり、お肌にとてもよいものだとは知っていました。
そのため、ロールゼリーは美容にとてもよいものだという認識しかありませんでした。
そのローヤルゼリーがなぜ、医師から勧められたのかというと、更年期の症状の緩和にも非常に効果が高いと言われているのだそうです。
ローヤルゼリーには、女性ホルモンの一種と同じような働きをする成分が入っているそうです。
そのため、ホルモンの乱れが少なくなり、自律神経の乱れも緩和されると言うわけです。
実際に、更年期の症状に悩まされている女性ではほとんどの人に効果が出ていると言う結果があります。
そしてサプリメントを早速摂取するようにしました。
しばらく使用を続けていると、めまいなどが起きなくなっていることに気づきました。
気のせいかと思ったのですが、あれほどまでに調子の悪い日々が続いていたのがうそのように依然と同じように快適に日常生活を送れていたのです。
私がまだ症状が軽いのか、それとも相性が良かったのか、本当に効果が絶大でした。
それに加え、同じ年齢くらいの友人たちからは、肌の調子がすごく良いと褒められることも多くなりました。
今回は更年期の症状緩和のために取り入れたローヤルゼリーですが、やはり美容面でも効果があると言うのは本当です。
確かに、肌のつやがすごくよくなったと自分でも感じていたからです。
女性ホルモンが分泌されると、肌のハリが出てくるので、そのおかげか、お肌が少し若返ったように思います。
この時のローヤルゼリーの効果を実際に自分で体験してからは、ずっとサプリメントを摂取しています。
さらに、自分の経験を友人に語ったところ、同じように更年期の症状に悩んでいる友人は意外と多くいました。
わかっていても病院に行かない人も多くいるのです。
一人で苦しんでいても症状は改善されないので、病院に行くことと、さらに、ローヤルゼリーの効果の素晴らしさを体験してもらいたいと思います。
自分の実体験でローヤルゼリーは更年期の症状に非常に効果があるという事がわかりました。

Copyright(c) 2013 Royal jelly LABO. All Rights Reserved.