画像
画像
画像
画像

banner

敬老の日に、ローヤルゼリーをプレゼントしました

私の祖母は80歳で一人暮らしをしています。
自宅に隣接した田畑で農作業をして、ほぼ自給自足生活を送っています。
敬老の日に花をあげたり、服をあげたり、ケーキをあげたり、雑貨をあげたりしましたが、いまひとつ喜んでくれている実感がわきませんでした。
もちろん喜んでくれてはいるのですが、もうひとつ手ごたえがないというか、ちょっと私ポイントを外してしまっているのかなという感じでした。
おばあちゃんが一番喜んでくれるものが判明すれば、それを毎年あげようと思うのに、いまいちわかりませんでした。
何が欲しいと聞いても、遠慮しているのか、何も言ってくれません。
そこで電話の会話のなかでおばあちゃんが言っていた言葉を反芻してみました。
すると、「おばあちゃんはもう年だから。」とか「農作業で体が疲れる。」とか「最近は外にでるのがおっくうで、農作業以外は家にこもっている。」など年齢に関する言葉が多い事がわかりました。
そこで元気になる健康食品をあげようと思い、いろいろ調べてローヤルゼリーをあげる事にしました。
なぜなら、おばあちゃんは小さい頃よく蜂の子を食べていたらしく、その時の話を何度も何度もしていたからです。
だから、きっと受け入れやすいかなと思いました。
ローヤルゼリーには、三大栄養素のたんぱく質・炭水化物・脂質をはじめ、20種類のアミノ酸、各種ビタミン・ミネラルなどトータルで40種類以上の栄養素を含んでいるそうです。
滋養強壮の効果や疲労回復に良く、美容やアンチエイジングにもいいそうです。
なるほど、その豊富な栄養素のことを考えると納得です。
さて敬老の日当日、おばあちゃんの家をたずね、早速ローヤルゼリーをプレゼントしました。
すると、私の狙いどおり、いままでで一番喜んでくれました。
「これを飲んで、いつまでも元気できれいなおばあちゃんでいてね。」と書いたかわいいメッセージカードを付けていたのですが、その言葉も嬉しかったらしく、満面の笑みでした。
私がおばあちゃんの体の事を気遣ったのが伝わったのか、「まだまだ、がんばらないとね。」と元気な顔で言ってくれました。
それ以来、「ローヤルゼリーのおかげで元気一杯になったよ。」と喜んでくれています。
来年も、ローヤルゼリーをプレゼントするつもりです。

Copyright(c) 2013 Royal jelly LABO. All Rights Reserved.