画像
画像
画像
画像

banner

養蜂家はローヤルゼリーのおかげで元気な人が多いのです

私にはたくさんの養蜂家の知り合いがいます。
そして、養蜂家はローヤルゼリーのおかげで元気な人が多いのです。
ローヤルゼリーとは、ミツバチの女王蜂候補の幼虫と成虫になった女王蜂にだけ与えられる特別な食事です。
女王蜂は多くの卵を産む役目を果たすために、一般の働き蜂よりも2から3倍も大きな体をしています。
そして、女王蜂は毎日1500個もの卵を産むことができるほど体力があるのです。
それだけ女王蜂のエサであるローヤルゼリーには秘められた力があるのです。
ローヤルゼリーは日本語にすると王乳と呼ばれるように、乳白色をしたゼリー状の物質です。
そして、王乳の中にはビタミンB群、様々なアミノ酸を含むタンパク質、脂肪酸やミネラル類等を含んでいます。
中でもタンパク質の一種であるロイヤラクチンは、女王蜂に発達させる主因になっている物質なのです。
私の知り合いの養蜂家たちは、皆さんご高齢にも関わらず、肌のつやが良く、中にはとても90歳以上とは思えないほど若々しい人もいるのです。
ミツバチを飼うことはとても難しく、また力仕事も多いのですが、90歳を過ぎてもミツバチを飼い続けることができるのは、やはり王乳の効果があるとしか考えられません。
ミツバチを飼っていると女王蜂候補がいくつもできます。
その女王蜂候補が入っている巣を王台と呼び、養蜂家はその中の1つを残し、後は王乳を取り出すのです。
そして、彼らはよく王乳の原液を飲むことがあるのです。
ですから、養蜂家は元気な人が多いのです。
私も原液を飲ませてもらったことがありますが、原液はとても苦みがあってしびれるような味がしました。
でも、良薬口に苦しという言葉がある通り、いかにも体に良さそうな味がするのです。
研究によって判明しているローヤルゼリーの効能にはたくさんの種類があります。
例えば、肩こりの改善効果、冷え性の改善効果、血圧を下げる効果、骨粗鬆症を改善する効果、殺菌効果など様々です。
ミツバチは危害を加えれば当然怒って攻撃をしてきます。
でも、よく観察するととても可愛らしい昆虫でもあるのです。
私もリタイヤをしたらミツバチを飼ってみたいのです。
ですから、養蜂家の方たちに飼い方を習っているのです。

Copyright(c) 2013 Royal jelly LABO. All Rights Reserved.