画像
画像
画像
画像

banner

毎日をアクティブに過ごしたい女性の健康と美容をサポート

未病という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
東洋医学でよく使われる言葉ですが、
これは病気と健康な状態のちょうど中間の症状を指しています。

未病は病気ではないですが、ちょっとしたことで病にかかってしまう可能性が高いです。
また、未病は体の危険信号とも言われているので、早く健康状態に戻すことが大切です。
未病には体のだるさや冷え、不眠、食欲不振、疲労や肩こりなどの症状があげられます。

ローヤルゼリーはそういった未病の症状を改善する効果があります。
冷えや不眠は自律神経の乱れから起きています。
自律神経は心臓や呼吸などの生命の維持に関わる機関をコントロールする働きをもっており、その中枢は間脳にあります。

間脳は25歳頃を境に機能が低下していきます。
そうしますと自律神経が狂いやすくなってしまい、全身に様々な疾病を引き起こす原因になってしまいます。
この間脳の機能を向上してくれるのが、ローヤルゼリーに含まれている、デセン酸という栄養素です。
デセン酸はローヤルゼリーにしか含まれていない成分ですので、
間脳の機能をよくしようと思うのならば、ローヤルゼリーの摂取は必要不可欠と言えるでしょう。
このデセン酸はコレステロールの低下や血糖値を下げてくれる作用もあるので、生活習慣病を防ぐのにも役に立ちます。

ローヤルゼリーは疲労回復や未病の改善などいいことがたくさんありますが、
成分の働きがまだ完全に解明されているわけではありません。
妊婦の方にローヤルゼリーを飲ませても大丈夫かという疑問にも専門家でも正反対の意見がでてくるのです。
どちらがいいかは未だに結論がでていないのですが、安全だと確信できない状況ですので、
妊婦の方や授乳中の方はローヤルゼリーの摂取は控えたほうがいいでしょう。

また、じんましんや呼吸困難などのアレルギーを起こす方もいますので、
使用前には必ず少量で試して大丈夫かどうか確認してください。
薬ではないので副作用の危険性はありませんが、
どんなにいい成分でも摂りすぎはよくありませんので、適量を摂取するようにしましょう。

Copyright(c) 2013 Royal jelly LABO. All Rights Reserved.